婚約指輪のデザインはどんなものがいいの?

婚約指輪のデザインを選ぼう

指輪の形の種類

婚約指輪を購入するとき、まずは指輪の形、というものが重要になっています。まずは最初にご紹介したソリティア。立て爪タイプのものと、埋め込みタイプのものがあります。比較的大きな石で選びたいという人は立て爪タイプがぴったりですが、日常使いにはやはり埋め込みタイプのソリティアが引っかかる心配もなくて安心です。

また一つの石だけでは寂しいので、メインはダイヤで、誕生石もいれたいというような方には、メレがオススメです。メインの石の回りに小さなメレタイプの石が飾ってくれます。もう少し豪華な感じがいい方にはパヴェというタイプがオススメです。ソリティアの埋め込みタイプのような回りにぎっしりとメレが敷き詰められます。指輪がかなり光って存在感のあるタイプの種類となります。

エタニティ、ハーフエタニティーと呼ばれる、いかにも婚約指輪にふさわしい名前を持った指輪の形の種類は、アーム部分に宝石を並べた形になります。宝石が永遠と続くのでエタニティーと言われています。半分だけ石を並べた形のハーフエタニティーも美しく、また、実用的な指輪となります。

そして何か二人のオリジナルということでつくられる場合はモチーフ。様々な形に作ることが可能で、二人だけの思い出の指輪になること間違いなしです。

Previous

Next